5月9日 秋吉台散策 その2

5月のさわやかな秋吉の風景です。
画像

画像


オオバギボウシを見つけました。
もうすぐ花の時期です。
今度来るときが楽しみです。
画像


今日の大発見です。
石灰岩の間にフタリシズカを見つけました。
花が終わって実がついています。
画像

画像


ラショウモンカズラがまだ残っていました。
遠くから見ると花はカキドオシにも似ています。
花の形が、平安時代に渡辺綱(わたなべのつな)が切り落とした羅生門の鬼女の腕に似ていると言うことから、名付けられたとのこと。
そう言われると、筋肉質な腕の形に見えるような、見えないような。
画像


サイハイランです。
少し時期が遅かったようです。
画像

画像

画像


オカオグルマがきれいな黄色の花を咲かせています。
緑の草原に黄色の花が似合います。
画像


ナルコユリ(鳴子百合)の花をようやく写真に撮ることが出来ました。
今年の春は寒さのせいか、花が開く前にしぼんでいるナルコユリが多く、今まで写真を撮ることが出来ませんでした。
画像

画像


センボンヤリ(千本槍)の穂を見ることが出来ました。
花を見ることは出来ませんでした。
画像


カナビキソウです。
小さな花です。ちょっと見落としてしまいそうな花です。
画像


最後は、アマドコロです。
ナルコユリ(鳴子百合)とよく似ています。
しかし、茎をさわると稜がありました。
画像


今日も、フタリシズカやサイハイランなど、新しい発見がありました。
また秋吉台に行くのが楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック