8月15日 秋の花咲く秋吉台散策

少しの時間でしたが、秋吉台を散策することが出来ました。

コマツナギが咲いています。
萩が咲くのは、もう少し先のようです。
気温が高いと、花の色が薄くなると聞いたことがあります。
例年より、花の色を薄く感じるのは気のせいでしょうか。
画像


こちらは秋の七草の一つ、葛です。
こちらも暑さのせいでしょうか、少し元気がありません。
画像


あちらこちらでリンドウが伸びています。
花を楽しめるのは、2ヶ月先でしょうか。
秋のリンドウも落ち着いた風情があって好きです。
今から楽しみです。
画像

画像


緑の草原に、黄色い女郎花の花が、浮かぶように咲いています。
草原の中で見るといっそう魅力的です。
山上憶良が、秋の七草に選んだのも、頷けます。
画像

画像


秋の七草、フジバカマと思いたいところですが、葉柄がありますので、ヒヨドリ草でしょう。
画像


オトコエシに会うことが出来ました。
今日歩いた道では、一輪だけです。
オミナエシに較べて、数はずっと少なくなかなか出逢えない花です。
画像

画像


これも秋の七草です。
咲きかけのナデシコに出逢いました。
内日に較べて、少し開花が遅いようです。
まだ蕾が多くついていました。
開ききった花も美しいものですが、開き始めた蕾も魅力的です。
画像

やはり色が少し薄いように感じます。
画像


まだ日射しの厳しい秋吉台ですが、草花はもうすでに秋の気配です。
次に来るときには、また違う花に出逢えることを楽しみにしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック