9月23日 秋吉台でヒメヒゴタイや吾亦紅に出逢いました。

涼しくなりました。
秋風の吹く秋吉台を歩きました。

きれいな色のワレモコウです。
緑の草原によく似合う印象的な色です。
「吾木香」という字もありますが、やはり「吾亦紅」の方が、似合う気がします。
画像


休日にはいつも賑わう長者が森にも、今日は人の姿がありません。
画像


枕草子には、「草の花は、なでしこ。唐のは更なり、大和のもいとをかし。女郎花。桔梗。朝顔。刈萱(かるかや)。菊。壷すみれ。」とあります。清少納言が、女郎花や桔梗と並び称した「刈萱(かるかや)」。
牧水は、「吾木香すすきかるかや秋くさのさびしききはみ君におくらむ」と詠いました。
清少納言や牧水も愛した「かるかや」を、こうして見ることが出来るのは幸せなことです。
画像


アキノキリンソウももうすぐ咲きます。
画像


きれいな色のサイヨウシャジンに逢えました。
画像


ヒメヒゴタイに逢えました。
淡いやさしい色です。
「姫」という名が似合います。
画像


ムラサキセンブリが元気です。今年もたくさんの花が咲きそうです。
画像


桔梗もまだまだ元気に咲いています。
画像

画像

画像

画像


もうすっかり秋の空です。
画像


リンドウの葉が色づき始めました。
花が咲くのが楽しみです。
画像

画像


ススキもまだ穂を開いたばかりです。
画像


ウメバチソウがもう蕾をつけています。
小さくて可憐な花が咲きます。
秋吉台でも人気の山野草です。
画像

画像


今年も同じ場所にキセワタが咲いていました。
去年よりも株を増やしているようです。
画像


カワミドリも去年よりも元気に咲いています。
画像


オミナエシはもう花の季節が終わったようです。
画像


今から秋の花が次々と咲きます。
楽しみな季節です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック