12月2日 大原三千院にもショウジョウバカマ

翌日は大原三千院に参詣しました。
初めに見るお庭は、聚碧園。
客殿から見ることが出来ます。
散りゆく紅葉を楽しみました。
趣のあるお庭です。
画像

ここでも、妻が見つけました。
画像

ここにも。カンアオイも傍にあります。
画像

ここにも。
画像


紅葉が見事です。
画像


これは極楽往生院。
平安時代に恵心僧都(源信)が父母のために、姉安養尼とともに建立したものと伝えられています。
画像

ここでも妻が歓喜の声を上げました。
ここは水辺ではありませんが、苔が水分を保ってくれるのでしょう。
画像

至る所にありますので、自然に増えていったもののようです。
画像


紅葉と黄葉を楽しめます。
画像


また妻が声を上げて呼ぶので、行ってみると、イカリソウです。
ここは本当に山の中です。
画像


見つけました。
ホトトギスです。
これはタイワンホトトギス。
画像


サザンカもきれいに咲いています。
画像


童地蔵の足下にもよく見ると、ショウジョウバカマがあります。
画像



参詣後に立ち寄った、「里の駅 大原」は、地元の朝市から始まった施設です。
地元の農家の皆さんが、新鮮な京野菜を持ち込み、販売しています。
そこに「山野草」ののぼりが立っています。
地元の山野草好きの方が持ち込んでおられるようです。
やはり妻は買っていました。
「白ショウジョウバカマ」と名札にあります。
画像

こちらはどんな花が咲くのでしょうか。
画像

最後までショウジョウバカマに縁の深い旅でした。

旅の終わりは、不断桜です。
この花だけを見ていると、春の中にいるようですが、周りを見渡すと一面の紅葉です。
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

カエル爺さん
2010年12月14日 00:35
ここが歌にも名高い、京都大原三千院のお庭ですか。ショウジョウバカマやカンアオイが普通に生えていることから、仰られる通り、ここは山なのですね。マンリョウは自生としてタイワンホトトギス、サザンカは植えられたものですね。シロバナショウジョウバカマはショウジョウバカマの変種で葉などに特徴があるようで名前のように白い花をつけます。高知では両種見られますが、そちらでは如何でしょうか?下の鉢植えのヤクシマショウジョウバカマはツクシショウジョウバカマの変種で丈の低い屋久島の固有種で淡いピンクの花をつけます。園芸品として出回っているようですね。 良いご旅行であったようですね。
katsuyamatgoten
2010年12月16日 23:18
いつもコメントをいただき、嬉しく思います。
この度はショウジョウバカマについて書き込みをありがとうございます。今から花が咲くのを楽しみにしています。

この記事へのトラックバック