1月23日 太宰府の春はまだ浅く

九州国立博物館にゴッホ展を見に行きました。
帰りに、天神さんの梅が気になって、太宰府天満宮に寄ってみました。
まだ少し早かったようです。
画像


こちらは、道真を追って京都から一夜のうちに飛んできたという、あの有名な「飛び梅」。
白梅です。
こちらももう少しです。
画像


今週末はまた京都に行く予定です。
北野天満宮の梅は開いているでしょうか。
まだまだ寒い日が続きますが、春の準備は着実に進んでいます。
今から楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

カエル爺さん
2011年01月27日 00:30
おはようございます。これが、あの有名な「東風吹かば~」の飛梅なのですね、こんなに近くで蕾の状態を見たのは初めてです。良いものを見させて頂きました。この時期の大宰府は学生さんなどで大変な賑わいなのでしょうね。、
katsuyamagoten
2011年01月27日 08:12
おはようございます。
いつも有り難うございます。

ゴッホ展とも重なり、大宰府は多くの人でした。田舎人の私は驚くばかりです。
北野天満宮はどうでしょうか。
またご報告いたします。

この記事へのトラックバック