4月29日 内日散策 エビネランが林の中で満開です。

暖かな一日でした。
夕方、少し林を散策しました。

キンランがすくすくと育っています。
画像


よく見ると、蕾がついています。
次の休みが楽しみです。
画像


こちらのキンランも大きくなっています。
もう蕾が見えます。
画像


こちらも順調のようです。
4株を確認できました。もっと探すと近くにもまだあるのかも知れません。
画像


また、新しいエビネランの斜面と出会いました。
林の奥で黄色い花が咲いているのが見えます。
画像


林に入ると、まるで黄色い光の灯台のように道しるべとなり、エビネランの花園へ案内してくれます。
画像

画像


次から次へと、数メートルおきに咲いています。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


こちらは、まだ咲き始めたばかりのようです。
画像


黄色い花に誘われて歩いて行くと、前回見つけたエビネランの斜面に続いていました。
この周辺は、かなり広いエビネの花園のようです。
画像

画像


そこから上を見上げると、まだ奥に黄色い花が散在しています。
登っていくと、違う色のエビネランにも出会えました。
画像

画像


その傍には、また新しい花園がありました。
誘われるように登っていくと、次々と新しい花に出会えます。
画像


また別の蘭と出会えました。
画像


色の違うエビネランが一緒に咲いています。
黄色いエビネの色に少し違う色が混じっているように見えるのは気のせいでしょうか。
画像


まだまだ花園は奥へと続いていたのかも知れませんが、もう暗くなってきたので、今日は終わりにしました。(奥からイノシシの声やミミズクの声が聞こえてきましたので。)
内日は花の豊かなところとは思っていましたが、こんなに広い範囲で自生蘭の花園が広がっているとは思いませんでした。花の咲く時期だから、見えたのでしょう。
新しい出会いに感謝。
そして、里山を整備しておられる地元に人に感謝。
次の休みは、もう少し時間をとって、ゆっくりと探してみたいものです。

この記事へのコメント

カエル爺さん
2013年04月30日 17:38
良いゴールデンウィークを過ごされている様ですね。黄色い花を付けるエビネは同じエビネ属である仲間のキエビネなのでしょう。エビネの本来の花色は淡い紅白色で、まれに淡い黄白色の唇弁を持つものもあると書かれていますね。で、このキエビネ、エビネと同じ環境に生え、交雑種を作ることが知られており、エビネの黄色いタイプも見られる様なので、下の端の花は、そういうものなのかも知れませんね。この様な花園が、いつまでも残っていくと良いですね。羨ましい限りです。
勝山御殿
2013年05月02日 23:21
カエル爺さん 様
いつもありがとうございます。
まだ身近に、このような花園が残っていることがわかり、安心しています。これからも続いて欲しいものです。
今後も野山を歩いて新しい出会いをもとめていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック