11月1日 内日散策 リンドウが次々と咲き始めています。

少し寒い一日でした。
リンドウを見たくなって、妻と内日へ出かけてきました。

出迎えてくれたのは、黄色の野菊です。
サンインギクでしょうか。
画像


立ち姿の美しいサイヨウシャジンです。
土手一面を覆い尽くしています。
画像


負けじと秋のキリンソウも土手一面に黄色い花を咲かせています。
画像


ヤマラッキョウに混じって、リンドウのきれいな色が土手に散らばっています。
先日は一株見つけただけのリンドウでしたが、今日は土手のあちこちに次々と花開いています。
内日にこれほど多くのリンドウが咲いているとは驚きです。
本当に内日は花の豊かな所です。
画像

画像

画像

画像

画像


つぼみもたくさん見つけました。
画像

画像


アキノキリンソウの黄色は秋の土手によく似合います。
温かな色です。
画像

画像


今日もセンブリが元気に咲いています。
画像


新しいセンブリと出会いました。
画像


ここにもありました。一つの株に出会っただけでも、私にとっては大きな喜びでしたが、今日は新たにふた株も出会うことが出来ました。
これほど多くの山野草に出会えるのですから、内日はすてきな里山です。
画像


ウメバチソウはつぼみがまた膨らんでいます。
花が咲くのはもう少し先のようです。
今から楽しみです。
画像


色の薄いサイヨウシャジンもすてきな姿です。
「秋の野原に立つ貴婦人」という表現は少し大げさでしょうか。
画像


これはシダの仲間でしょうか。揺らすと胞子のような粉を飛ばしました。
→フユノハナワラビです。御教示いただきました。ありがとうございます。
画像


この花も初めて見る花です。
名前はわかりませんが、なかなか可憐な花です。
→ハグマです。上の花と併せて「カエル爺さん」様より御教示いただきました。
ありがとうございました。
画像


サネカズラが結実していました。
いろいろな花や実に出会える秋の内日散策は、楽しい時間です。
画像


ホトケノザも咲き始めました。
図鑑には早春に咲くとありますが、山口では秋から晩春までずっと咲いています。
画像


今日もとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
内日は本当に花の豊かなところです。
里山を守っておられる地元の人たちに感謝。
近いうちにまた訪れたいものです。

この記事へのコメント

カエル爺さん
2015年11月04日 00:16
ホトケノザは春の花のイメージがありますが、実際には一年を通して見られる花ですね。シロツメクサやゲンゲ、ハコベ類、セイヨウタンポポなども同じですよね。シダの仲間と考えられたものは多分、ハナワラビ属のフユノハナワラビの胞子葉なのでしょう。似た仲間にオオハナワラビという種もありますが識別には栄養葉の拡大写真が必要ですね。姿が面白いので盆栽としても人気がある様ですよ。名前の分からない白い花はキク科のハグマの仲間(キッコウハグマやカシワバハグマ)なのでしょうか?葉の写真があれば良いのですが。
勝山御殿
2015年11月04日 20:26
こんばんは。
早速の御教示ありがとうございます。
どちらも初めての花です。
山歩きの楽しみがまた増えました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック