1月21日 勝山御殿散策  春が近づいています

少し時間が出来たので、勝山御殿に春の訪れを探しに出かけました。

ナズナが咲いています。
春の七草の一つです。
七草がゆの食材になっていますが、どの部分をおかゆに入れて食べるのでしょうか。
画像


まだ冷え込みが厳しいのでしょう。
タンポポも地面に張り付くようにして咲いています。
画像


オタマジャクシの卵を池でたくさん見つけました。
卵の中で、オタマジャクシの形になっているのがわかります。
画像


もうオタマジャクシになっています。
春はまだ浅いのに、このままカエルになっていくのでしょうか。
画像


芝生の上が黄色く色づいています。
まるで銀杏の葉が落ちているかのようです。
画像


近づいてよく見ると、すべてスミレの葉です。
最近までここでスミレが咲いていたのでしょうか。
画像


冬の間、葉の下に潜り込んでいた椿の花も、頭をもたげて葉の上に出てきました。
花開くのはもうすぐです。
画像


枝から芽が出ています。
画像


芽の中からもう花びらが透けて見えています。
開花はもうすぐです。
画像

画像


明日は雪が降るそうです。
オタマジャクシが凍えないように祈っています。

この記事へのコメント

カエル爺さん
2017年02月16日 21:23
大変遅くなりましたが・・・まずはおめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。 七草粥のナズナは花前のロゼットを使うのでこの様な花や果実を食することは普通はないですね。ただ、それがナズナということを証明するために花茎を混ぜるということはある様ですよ。ナズナの葉の形は切れ込みのあるものからないものまで変異が多いのでロゼット時の採取ではスカシタゴボウや他の植物と間違えられることも多い様です。スミレは暖かい場所だと真冬以外一年中、花を咲かせていますね。でも、その多くは花弁のない閉鎖花なので目立たないワケですね。
勝山御殿
2017年02月20日 22:16
お久しぶりです。 なかなか更新出来ないブログですが、忘れずにおいでいただきありがとうございます。 ナズナとスミレ、御教示ありがとうございます。 ロゼッタ時のナズナの葉、見つけて食べてみたいものです。

この記事へのトラックバック