テーマ:野生蘭

2月12日 内日梅園散策 まだ梅には少し早かったようです。

久しぶりに日射しの温かな一日でした。 下関市内では、梅の便りが聞かれるようになりました。 内日の梅園が気になり出かけてきました。 ガイドブックには載っていない、地元の人が知っている広い梅園です。 いつもお世話になっている赤田の代の方から教えていただきました。 少し早かったようです。 梅の花はありませんでしたが、この広い空…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月29日 内日を散策しました。

今日も日射しがうれしく感じる一日でした。 少し林道を散策しました。 セイヨウノコギリソウの葉が立ち上がってきています。 静かな冬の内日の風景です。 心が穏やかになっていきます。 林道が大きく崩れています。 修復工事が始まっているようです。ありがたいことです。 その足下の葉。これは何でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月28日 内日散策 ランの葉を探しながら歩きました。

冷え込みも和らぎ、今日は温かな良い天気でした。 夕方、内日を散策しました。 草花が少なくなるこの時期は、ランの葉を見つけやすいと聞き探しながら歩きました。 今週、内日は寒かったようです。 市内でも雪はちらつきましたが、ここではまだ積もった雪が少し残っています。 この時期目につくのはやはりフユイチゴ。 たわわに実ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月5日 今年はよく蘭に出会う年です。

今日も散歩に出かけました。 もうすっかり夏です。 山田も田植えがすみました。 この景色を見るだけでも、心が落ち着いてきます。 もうハバヒロトンボが飛んでいます。 黄色と黒のおしゃれな姿です。 マムシグサは結実したようです。 見慣れない花を見つけました。 少し控えめでそれでいて存在感のある花です…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

5月29日 雨にぬれる草花は風情のあるものです。

優しい雨の降る日曜でした。 雨に濡れる夏の草花との出会いを楽しみに、山を歩きました。 いつの間にか、こんなにイチゴが大きくなっていました。 オカトラノオにも花穂がついています。 山帰礼(サルトリイバラ)も、すでに実がついています。 雨に濡れるハルジョオンもかわいいものです。 これは何の花で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月29日 桔梗の咲く秋吉台を散策しました。

今日は、午後から桔梗の咲く秋吉台を散策してきました。 秋の高原には初秋の風が吹き、さわやかな散策でした。 萩の花が少しずつ咲き始めています。 やはり気のせいか色が少し薄いように感じます。 今日通った道には、オトコエシがたくさん咲いていました。 オミナエシも元気です。 これも暑さのせいでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月25日 一之瀬・赤田代散策  少しずつ秋が近づいています。

今日は、一之瀬のバス停から、赤田代の集落まで散策しました。 下界は猛暑ですが、内日は午後四時を過ぎると、ヒグラシが鳴き、さわやかな風が吹き始めます。 木陰の道や沢沿いは、過ごしやすい散策路となっています。 まず目についたのは、アキノタムラソウです。 名前には、秋がついていますが、初夏から咲いています。 ヤブラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月4日 ネジバナも咲き始めました。

コクラン(黒蘭)の様子を見に、勝山御殿を散策しました。 次々と新しい芽が出て、花が咲いています。 目立たない花ですが、これほど多くの花が咲いていることに、今まで気づかなかったのが不思議な気がします。 昨年より少し遅れましたが、ネジバナが咲き始めています。 この色がとてもかわいらしく、人気の山野草です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月30日 コクラン ツチアケビが咲きました。

勝山御殿のコクランが咲いていました。 小さな花です。他の草の陰に隠れて、目立ちません。 去年見落としていたのも当然です。 このまま静かに咲き続けて欲しいものです。 赤田代のツチアケビも花盛りです。 雨の中で静かに咲いていました。 暗い林の中で、そこだけが明るく華やかに浮き上がって見えます。 何とも不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月23日 ツチアケビが咲き始めました。

夕方に、赤田代のツチアケビを見に行くことが出来ました。 もう咲き始めています。 今はまだ2分咲きという所でしょうか。 蕾はいくつ付いているのでしょう。 すべて開くと、華やかな姿になると思います。 花は、蘭らしく精緻な作りです。 このような珍しい花に出逢えるとは嬉しいことです。 情報をいただいた方に感謝。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more