テーマ:山歩き

4月2日 秋吉台の春を楽しみました。

久しぶりに妻と秋吉台を歩きました。 ヒトリシズカは、まだ芽を出したばかりでしょうか。 開いた葉の中から、ブラシ状の花が見えます。 こちらはまだ開いていません。 お花がのぞいています。 野焼きの後にサイヨウシャジンも芽を出しています。 ここにもヒトリシズカです。 センボンヤ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

4月3日 雨の秋吉台を散策しました。

妻がオキナグサを見たいというので、秋吉台を散策しました。 あいにくの小雨交じりの天気ですが、雨具があれば雨の日の散策も良いものです。 まずはヒトリシズカが迎えてくれました。 この時期は、秋吉台のどこを歩いても出会う気がします。 センボンヤリもこの時期の秋吉台ではよく出会う花です。 花びらの白とピンクの色の取り合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月5日 秋吉台散策 その3

今度はシランの群落に出会いました。 珍しい花ではありませんが、野原で出会うこの色は、なかなか妖艶な趣があります。 立ち姿も粋な花です。 オカオグルマのようです。 ハシナガヤマサギソウがあちこちで立ち上がっていますが、どれもまだつぼみです。 リンドウがもうこんなに伸びています。 良い天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月5日 秋吉台散策 その2

カノコソウには、まだ少し早いようです。 フタリシズカは結実して、葉の裏に隠れています。 こちらはまだ結実したばかりでしょうか。 石灰岩の陰に隠れるように、日本のアスパラ、キジカクシの芽がまだ残っていました。 日当たりの良い場所のキジカクシはもうこんなに大きくなっています。 このくらい大きいと本当に雉も隠…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月5日 秋吉台散策 その1

5月の秋吉台はさわやかです。 すっかりワラビも伸びています。 ここへ来るとどこまでも歩いて行ける気になるから不思議です。 ハシナガヤマサギソウがもうあちらこちらに立ち上がっています。 ホタルカズラが日射しを浴びて、きれいな色を見せてくれます。 サワオグルマでしょうか。 緑の草原に優しい色を添え…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

5月5日 キンランとエビネラン

山野草がお好きな方から、キンランの情報をいただき、出かけました。 きれいな色です。 小さな花ですが、周囲が明るくなります。 「キンラン」と呼んだ先人の気持ちがわかる気がします。 エビネランが開花していました。 正面から見るとおもしろい形をしています。 この株の開花はもう少し後でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月29日 寂地山に登りました その2

林道沿いのせせらぎのほとりに、小さな白い花が咲いています。 近寄ってみると、ニリンソウです。 明るい日の光を浴びて、きれいに輝いて見えます。 出会う花の種類が、昨年の5月に訪れた、兵庫県の奥神鍋の林で出会った花とよく似ています。やはり同じ中国山系の山だからでしょうか。 ナツトウダイにも出会いました。 花はもう少し先のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月29日 寂地山に登りました。 その1

錦町に前泊して、寂地山に登ってきました。 標高は1337メートルとそれほど高い山ではありませんが、カタクリの群落とブナの原生林の美しさで県内では知られた山です。 朝食前に、ホテルの周辺を散策しました。 すぐ傍に清流宇佐川が流れています。 木々の新緑が美しい季節です。 ホウチャクソウが咲いていました。 芽吹…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月17日 赤田代でシュンランに出会いました。

アマナの花がもう一度見たくなり、赤田代に出かけました。 まだ見事な一之瀬の桜です。 開いたウバユリの葉にも花びらが散っています。 足下ではカキドオシも地面を紫に染めています。 春の緑の草原に、優しい紫の色はよく似合います。 春の小川は桜の花びらで埋まっています。 何という贅沢な里山の風景でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月10日 福智山登山その2

もう山頂は目の前です。 山頂が草原の独立峰の山は姿がよいと思います。 福智山が人気の山というのも頷けます。 ネコヤナギです。 まだ芽が出たばかりのものもあります。 花開いたものもあります。 下山は虎尾桜のあるコースを選びました。 下りていると、きれいな桜色が木々の間から見えてきます。 暗い森の木々の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月10日 福智山登山その1 ヤマルリソウに出会いました。

暖かな春の日です。 福智山の虎尾桜が満開と聞き、出かけることにしました。 福智山は北九州市と直方市の境にある900メートルほどの山です。 今日は直方市側の上野峡(「あがのきょう」と読みます)から登ります。 登山口には、もうリンドウが花開いていました。 九州はやはり少し早いようです。 歩き始めるとすぐにサツマイナモ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月27日 赤田代散策 その3 キブシの花を見つけました。

五年神の森でヒサカキを見つけました。 強い匂いを放つので、遠くからでもその存在にはすぐ気づきます。 菜の花もきれいに咲いています。 林縁でまたヒサカキが咲いていました。 小さな白い花がびっしりと枝についています。 猪の食事の後です。 この季節の、まだ土の中にある筍はおいしいのでしょうねえ。 うら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月27日 赤田代散策 その2 サラシナショウマも葉が広がっています。

スミレの花もあちこちで見ることが出来ます。 白いスミレ。 開いたスミレもきれいですが、私は開く前の姿も好きです。 サラシナショウマの葉もずいぶんと開いてきました。 ナルコユリのやさしい色が好きです。 杉林の中にミツバが芽生えています。 この雨ですっかり落ちたようです。 花粉症もそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月27日 赤田代散策 アマナが咲いていました。

赤田代の春に逢いに出かけました。 梅がきれいです。 春の風物詩、土筆が次々と顔を出しています。 もうアマナが咲いていました。 私の大好きな花です。 慎ましやかな表情に心惹かれます。 ヒカンサクラでしょうか。 ウバユリの葉がもう広がっています。 ホタルブクロも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3月5日 赤田代の春を楽しみました。

観梅の後は、赤田代で春を楽しみました。 ナデシコの葉を見つけました。 しっかりと残っています。 今年の秋も楽しみです。 ホタルブクロの芽が出てきました。 春の芽吹きを探して歩くだけで、気分が高揚してくるのがわかります。 私の体内でも春の芽吹きが始まったようです。 スミレを見つけました。 明るい春の光の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月5日 内日に梅を楽しみに行きました。

春らしい陽気となりました。 内日の梅園の梅が気になり、出かけてきました。 梅の枝でたき火をしておられる方がおられたので、少しお話しを伺うことが出来ました。 梅の実をとるためにこの梅園で栽培されているようです。 「観賞用ではないのであまりきれいではないでしょ。」と仰っていましたが、なかなかに見事な梅園です。 この季節は、花好…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月26日 内日の梅はまだ少し早かったようです。

陽気に誘われて、内日の「梅園」に出かけました。 いつも歩く「赤田代」の少し北、鬼ヶ城山の中腹にあります。 ガイドブックには載っていません。 山野草に詳しい内日の方から教えていただきました。 山道を登っていくと、まるで「桃花源」のごとく、突然梅林が目の前に広がります。 どこまでも延々と続く梅林は見応えがあります。 白梅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月27日  内日散策 ツルギキョウその後

紅葉の散策に続き、ツルギキョウが気になったので、そちらに回ってみました。 残念ながら、すでに草刈りにあった後でした。 これも里山の文化です。 そこに落ちていた実を周囲に播いておきました。 来年はもっと多くの場所から新しい芽が出てくることに期待します。 その後周辺を探してみると、ありました。 道から離れた山肌で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月21日 内日散策 この実は何でしょう? → 名前を教えていただきました。

今日も内日を散策しました。 初めて見る実を発見。 名前がわかりません。 きれいな色で人目を惹きます。 どなたかご存じの方はお名前を教えて下さい。 来年の春にもう一度ここへ来て、花を見れば分かるかも知れません。 〈追記〉 名前を教えていただきました。 高知の「カエル爺さん」様よりコメントでご教示いた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

10月18日 紅葉の三俣山へ登りました。

秋晴れの良い天気になりました。 やまなみハイウエイから見た三俣山です。 周囲はススキの穂が出そろって、すっかり秋の景色です。 アキノキリンソウも足下に咲いています。 月曜日ですが、8時過ぎには大曲の駐車場は満車です。 朝日の当たるススキの道を登ります。 すぐに作業道に出ます。 正面に三俣山が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月28日 下関第2貯水池周辺散策

今日は暖かい日でした。 午前中に一ノ瀬のバス停付近に車を停め、第2貯水池周辺を散策しました。 勝山御殿よりも一足先に春が訪れているようです。 スミレが咲いています。 梅はもう満開です。 アザミの葉が立ち上がっています。 ウバユリの芽が大きくなっています。 野萱草の芽がたくさん顔をのぞかせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月28日 青山登山

天気がよいので、いつものように勝山御殿へ向かっていると、色づいてきた青山が目に入ってきました。 今日は目的地を変更して、砂子多川を下り、青山登山口をめざします。 歩いていると、一面の紫の絨毯に出逢いました。 ホトケノザです。春の花のイメージがありますが、晩秋にはもう咲き始めます。こうして草花を見ていると、季節というのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月23日午後 秋吉台散策  リンドウ ウメバチソウ センブリ

秋吉台のリンドウやウメバチソウをもう一度見たくなり、思い立って午後から秋吉台に出かけました。 歩き始めるとすぐにリンドウが出迎えてくれます。 もう終わった花もありますが、草原にはたくさんのリンドウが咲いています。 アキノキリンソウもまだあちこちに咲いています。 次第に枯れていく草原の中に咲く野菊は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月16日 九重 大船山登山 紅葉には少し早かったようです その2 大戸越から段原まで

ようやく大戸越えまできました。 暗い森を抜け、明るい青空の下に出ました。 大戸越から見る平治岳南斜面です。紅葉はまだのようです。 三俣山が正面に見えます。この場所からは紅葉は見えないようです。 大戸越は今までの森とは違って、明るい日当たりの良い草原です。リンドウがあちこちに咲いています。 大戸越から大船山を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月16日 九重 大船山登山 紅葉には少し早かったようです その1

九重連山の一つ、大船山へ紅葉を見に行きました。 喧噪を避け、人の少ないコースを歩いてきました。 男池から入ります。 朝の8時30分、気温は10度を少し切っているようです。下関に較べると10度近く低い温度です。 きれいな森へ、男池橋を渡って入っていきます。 森に入ってまず目につくのは、サラシナショウマとツリフネソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月11日 秋吉台散策  リンドウ、ウメバチソウに会いに行きました

見事な秋晴れの秋吉台です。 なぜかスミレが咲いています。 リンドウの蕾もふくらんできました。 ここでも開き始めた蕾がありました。 ウメバチソウがあちこちに咲いています。まだ蕾の方が多いようです。見頃はもう少し先のようです。 ヒメヒゴタイが花開きました。花開くとアザミに似ています。 リンドウです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月10日 鳳翩山縦走路

山口で研修でしたので、時間を作って東鳳翩山と西鳳翩山の縦走路を、地蔵峠から油の峠(ゆのと)まで歩いてきました。 白山菊でしょうか。今、最も目にすることが多い花かも知れません。 シバグリがあちらこちらに落ちています。 ちなみに、2日後の姿です。これから栗ご飯です。 センブリが咲いています。この花は4枚の花びらです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月29日 陶が岳・火の山縦走(山口市)

山口市にある陶が岳と火の山に登ってきました。 松永邸より登ります。松とシダの気持ちの良い登山道です。 キンミズヒキが咲いていました。 傍に咲いているのははイヌコウジュです。小さくて目立たない花ですが、色も形も魅力的な花だと思います。 道は次第に険しくなります。ほとんど崖です。木の根に助けられてどうにか登ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編 坊がつる 雨が池の草花

2日目、朝からの雨も上がり、山荘から雨が池越えコースで長者が原をめざします。 雨上がりの坊がつるには多くの花が咲いていました。 ウツボグサ(靫草)です。 雨に濡れるオトギリソウ ネジバナ。「ねじ」の向きがそれぞれ違うのがおもしろいですね。 オタカラコウ ミソハギ ガスのかかる坊がつる湿原 サワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編 法華院温泉山荘への道

久住分かれの広場です。 避難小屋が見えています。この日は、ご夫婦がお泊まりのようでした。 ここから、一気にノリウツギの咲く急な斜面を下ります。 やっと北千里が浜に出ました。 左から硫黄山の噴煙が流れてきます。 当たり前ですが、硫黄の匂いがしています。 三俣山が目の前です。 1700m級の山ですが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more